工業用・設備用ポンプなら、省エネと長寿命の「ますだポンプ」
ホーム 会社概要 製品情報 会社概要 技術情報 技術情報
ホーム > マスダHV型ポンプ > 機種の選定

性能一覧表
性能曲線
HV13,23型
HV25,39型
HV13,23型(1段式エゼクター)
HV25.39型(1段式エゼクター)
HV23型(2段式エゼクター
HV25,39型(2段式エゼクター)


技術資料
動作原理
特徴
用途
封水について
機種の選定
空気エゼクター
メカニカルブースター
特殊仕様
封水の循環使用

寸法図
HV-1304型寸法図
HV-23型直結寸法図
HV-23Vベルト型寸法図
HV-25,HV-39型直結型寸法図
HV-25,HV-39型Vベルト型寸法図

Q&A

ご照会に際して

設備用ポンプ
スラリー液用ポンプ
固形物用ポンプ
高温度用ポンプ
真空ポンプ
上の中からご希望の用途のポンプをお選びください。
ご不明な点がございましたら、どうぞお気軽にますだポンプまでお問い合わせください。
当社の担当が、親切丁寧にご対応させていただきます。

 マスダ真空ポンプは、数々の特徴を持ったタフなポンプですが、その能力を最大限に引き出すため、機種をご選定されるに当たっては、次のような点にご留意ください。
(1)排気量
 プロセスに必要な排気量を正確にお見積もりください。ホドカ真空ポンプの排気能力の表示は、吸入側の各真空度kPa(Torr)における風量です。
したがって、NTP(標準状態:0℃、101.3kPa(760Torr))で計算されたときは、温度ならびに圧力の換算が必要です。
(2)吐出圧力
 性能曲線における排気量はポンプの吐出側が大気開放の場合を示しています。もし吐出側に水柱1m以上の圧力がかかるようなときは、排気量の減少ならびに所要動力の増大を伴うことがありますので、ご照会ください。
(3)飛沫同伴
 マスダ真空ポンプは、吸入ガスとともに飛沫を吸い込んでも壊れません。しかし、あまり多量にドレンを吸入してしまうと、所要動力が増大しますので、そのようなときには真空利用系とホドカ真空ポンプとの間にドレンセパレーターをご用意下さい。
(4)水温、キャビテーション
 マスダ真空ポンプを運転するには、封液(封水)が必要です。この封液の蒸気圧はポンプの到達最高真空度に大きな影響を与えますので、封液温度には十分ご注意をお願いします。封液として水を使う場合(ほとんどのポンプは水を使っていますが)水温が上がると水の蒸気圧が増し能力が落ちてきます。
(5)吸入ガスの温度
 マスダ真空ポンプは高温高湿のガスを吸入しても壊れることはありません。しかし多量の蒸気をポンプに吸入させるよりは、クーラーで蒸気を凝縮させて、残りのガスをポンプで処理した方が、小さなポンプで必要な能力を得ることができるので経済的といえます。
(6)汚濁した封水
 井戸水や土砂の混入した水を封水として御使用になるときには、固形分を除去するストレーナーを取り付けてください。
(7)標準付属品
 標準付属品として納入するものは、つぎのものです。
共通ベッド、基礎ボルト、安全カバー、セパレーター、真空計、連成計、カップリング又はベルト