工業用・設備用ポンプなら、省エネと長寿命の「ますだポンプ」
ホーム 会社概要 製品情報 会社概要 技術情報 技術情報
ホーム > マスダHV型ポンプ > 機種の選定

性能一覧表
性能曲線
HV13,23型
HV25,39型
HV13,23型(1段式エゼクター)
HV25.39型(1段式エゼクター)
HV23型(2段式エゼクター
HV25,39型(2段式エゼクター)


技術資料
動作原理
特徴
用途
封水について
機種の選定
空気エゼクター
メカニカルブースター
特殊仕様
封水の循環使用

寸法図
HV-1304型寸法図
HV-23型直結寸法図
HV-23Vベルト型寸法図
HV-25,HV-39型直結型寸法図
HV-25,HV-39型Vベルト型寸法図

Q&A

ご照会に際して

設備用ポンプ
スラリー液用ポンプ
固形物用ポンプ
高温度用ポンプ
真空ポンプ
上の中からご希望の用途のポンプをお選びください。
ご不明な点がございましたら、どうぞお気軽にますだポンプまでお問い合わせください。
当社の担当が、親切丁寧にご対応させていただきます。

  封水方式
 
 マスダ真空ポンプを運転するには、封液を供給することが必要です。水を封液として使用するときはなるべくきれいな、水温の低いものを、常時適量供給してください。補給する封液の圧力は20kPa以上が必要です。水量低下は、水輪形成不良による性能低下、水温上昇によるキャビテーションを起こすことがあります。
  封水温度の影響について
 
性能表及び性能曲線は20℃の封水を使用したときの性能を示しています。封水温度が20℃以外のとき、ポンプの性能は封水の蒸気圧の影響を受けて変化します。
封水温度が標準(20℃)より高くなるほど蒸気圧が増え、ポンプ内部で蒸発が起こりその分だけ排気量が低減することを意味します。
右図は封水温度と排気量の低減率の関係です。

封水温度と排気量の低減率